〒234-0055 神奈川県横浜市港南区日野南4-2-7
HOME>Q&A
何ヶ月に1回くらい歯石取りをすればよいですか? 
ワンちゃんによって歯石が付くまでの時間は異なりますので定期検診を行いながらその子にとって最適な期間を考えていきます。通常は三カ月から半年くらいです。

歯石がひどくついているのですが、麻酔をかけない歯石取りはできますか?
もちろん可能です。ですが、付着する歯石の量やワンちゃんの性格によっては全てをキレイにすることは難しいかもしれません。オーナー様のご希望を優先し、検査データと照らし合わせてお話させて頂きます。

歯が折れてしまいました。このままほっといても大丈夫ですか?
折れた場所によっては、歯髄(神経)が露出している場合があります。その場合は痛みも伴いますし、放置してしまうと口腔内の感染症にかかってしまう事もあり非常に危険です。また、破折面が舌を傷つけてしまうこともありますので早めの受診をおすすめします。
犬も歯磨きしないとだめですか?
ワンちゃんは人間よりも歯石の付くスピードが速いので歯磨きをすることによって予防をしてあげることが重要です。
我が家に3ヶ月のシーズー犬が来ました。大体いつから歯磨きを始めたら良いのでしょうか?
出来るだけ早い時期から行うと良いでしょう。ごほうびなどをあげながら楽しく歯磨きの習慣をつけられたらいいですね
口臭は歯石のせいですか?
多くの場合は歯石が原因ですが、その他にも口内炎や歯周病、歯槽膿漏でも口臭がでます。口臭が気になる場合は、何かしらの口腔内疾患にかかっている可能性がありますので、要注意です。
歯を見たところ、根元が黒ずみ、歯と歯の隙間も大きく、黒くなっていてガタついています。これは虫歯なのでしょうか?
歯そのものが黒ずんでいる場合は虫歯が疑われます。歯肉に黒ずみがある場合は、緑化歯石があるためです。これは歯周病を悪化させる要因の一つで、そのために歯肉が下がり、歯と歯の間が大きくなりガタついてしまいます。早めの治療が必要です。
乳歯の頃アンダーで、永久歯になったら正常になる事ってありますか?
まず考えられません。矯正治療で正常にする事は可能です。
犬の歯は何本生えてるのでしょうか?
犬 2(I :3/3 C:1/1 P:4/4 M:2/3) 計42本
猫 2(I :3/3 C:1/1 P:3/2 M:1/1) 計30本
歯は年を取ると抜けるのですか?
定期的なデンタルケアを行う事で、歯は生涯保たれます。加齢と共に自然と歯が抜けてしまったのであれば、その歯の周辺に重度の歯周病が進行している可能性が高いです。お早めに専門医の診断を受けましょう。
「粒が大きく噛むことで歯垢を除去します」とうたっているドッグフードを与えていますが、これで歯磨きは必要ありませんか?
デンタルケア用のフードは、ワンちゃんの食べ方や癖によって左右されますが、よく噛んで食べている場合でも十分なデンタルケアにはなりません。毎日の歯磨きにより歯垢を除去しましょう。
歯が縦に割れ、欠けてしまいました。抜歯以外の治療は可能ですか?
歯の欠けた部分は、虫歯になりやすいため、早めの処置が必要です。当院では、抜歯をせずに修復処置が可能ですのでご相談ください。
生後8ヶ月の犬の歯なんですが、乳歯が抜けていないのに後ろから永久歯が見えていますがこのままで大丈夫でしょうか?
乳歯遺残症の可能性があります。放置してしまうと歯周病を招く恐れがありますので早めの処置をおすすめします。
犬の差し歯などは人間の歯を作る歯科技工士さんが作ってるのですか?それとも獣医さんが作ってるのですか?
当院では、人間の歯を作る専門の歯科技工士が作っております。
犬って虫歯になりますか?
勿論なります。3歳以上のワンちゃんの8割以上は、何かしらの口腔内の疾患になっていると言われております。愛犬の口腔内で何か気になる事がある場合は検診をしてみましょう。
歯肉が年齢と共に下がってきています。元の健康な状態に戻してあげたいのですが可能ですか?
下がった歯肉を完全に元の状態にする事は出来ません。しかし、これ以上悪化しないように、日頃のケアや定期的な検診をする事により維持が可能になります。
歯肉が黒いのは治りますか?
歯肉の黒ずみの原因は、縁下歯石である事が多いです。その場合は、奥までしっかり歯石除去をする事によりキレイな歯肉に戻ります。
アンダーショットなのですが、治すことは可能ですか?
矯正治療により、正常に治すことが可能です。ご相談ください。
口臭が気になるのですが、歯石は見当たりません。たまに歯肉から出血をしておりますが、口臭と関係があるのでしょうか?
歯周病や口内炎である事が考えられます。一度検診をおすすめします。
ペット保険に加入しておりますが、適応されますか?
アニコムのペット保険が適応されます。
虫歯を放置した場合、歯以外にも悪影響を及ぼす可能性はありますか?
あります。細菌は歯髄から体内に入り、繁殖を繰り返した場合、口腔内だけに留まらず、全身に重大な感染症を招く恐れがあります。虫歯も軽視せずに適切な処置が不可欠です。
5歳のシュナウザーがいます。毎日歯のお手入れをしてあげていなかったので、歯石がこびりついて口臭がすごいです。
まず、専門医院にて歯石を除去し、それから毎日のブラッシングに力をいれていくようにしましょう。
 

ペットケアセンターウェブストア楽天市場店 ペットケアセンターウェブストアヤフー店

Copyright (C) 2011 Ocean's Corporation. All Rights Reserved.