診療施設でない施設での犬の無麻酔歯石除去は逆効果

素人による無麻酔歯石除去は危険な事故につながります

十分な経験や技術がない素人によるハンドスケーラーは、表面的な歯石しか取れないばかりか、歯の表面を傷だらけにして新たな歯石が付着しやすくなります。さらに、治療に出血を伴う場合や他の疾患などが見つかった場合など、万が一の場合には獣医療に従事するものでなければ対処できません。

犬の歯科治療は専門の動物病院で受けましょう。

当院(犬の歯医者さん)では歯科医師と獣医師による歯科治療を行っております。

当院での歯科治療は、歯科医療に必要な専門の医療器具、歯科医師と獣医師それぞれの専門知識、歯科医師と獣医師が協力することにより、人間の歯科治療のレベルでの治療を可能としております。

犬に優しい歯科治療・高レベルな治療

犬の歯医者さんでは、飼い主さまはもちろん、ワンちゃん達もまた来たいと思ってもらえる動物に優しい治療を行います

歯科医師と獣医師が協力することでご提供できる高レベルな治療の結果、

  • 口臭がなくなった!
  • ご飯も美味しく食べてくれる!

と飼い主さま、ワンちゃんたち皆様にご好評を頂いております。

獣医療を理解していない者が行う歯石除去はあまりにも危険です

昨今、一部ドッグサロンやペットショップなど、診療施設でない施設で、獣医療を理解していない者が無麻酔での歯石除去を行っているところもあるそうですがとても危険です

ハンドスケーラーを使っての歯石除去は歯の表面に目に見えない細かな傷をたくさん作り、新たな歯石を付着しやすくします。またハンドスケーラーと言えども鋭利なことには変わりません。歯周病を罹患した歯肉は腫れ上がり、少しでも触れれば膿や血が出ます。そうすると怖いのは細菌感染です。

高齢なワンちゃんで何か持病を持っていたらば?
血液に先天的な病気を持っている子だったら?
歯科医師と獣医師、専門知識を持った者でなければ、危険なのは自明です。具体的な危険な点を下記にまとめます。

①診察を行わないこと

当院(犬の歯医者さん)では治療前に必ず基本検査行い、その子状態、病状などを確認します。 そこで何か異常が認められれば歯科の治療は一旦ストップし、身体の精密検査などを行い、異常の確認をします。診療施設でなければそのまま預けて施術ということになりますが、事前検査がないのは極めて危険です。

②出血を伴う可能性があること

歯周病を罹患した歯肉は腫れるので、歯肉少しでも触れると出血します。 衛生管理を徹底し、細菌感染を防ぎ、適切に止血することが必要です。 それらの行為は医療行為となるので診療施設でない施設では行えません。

③専門知識、技術を持った者が施術するわけではないこと

口腔内は細菌も多く、デリケートな場所です。 一朝一夕で治療ができるようなものではありません。 歯科医師と獣医師が蜜に連携をとることにより、初めて行えるのが人間が受けるレベルの歯科治療です。

ワンちゃん一頭一頭に合わせた歯科治療を

動物病院で歯科医師と獣医師が協力するからこそできるのが犬の歯科治療です。

一口に歯石除去と言いましても、ワンちゃんの場合は犬種、年齢、食生活、お手入れの頻度などが全く違うので、1頭たりとも同じ症例の子はおりません。

その子その子に合わせた歯科治療が必要になってきます。また歯科治療を行うには事前検査を入念に行い、その子の状態を確認し歯科医師と連携することでご提供できるのが、人間と同じ高レベルな歯科治療です。

今ご覧いただいている皆様も、一緒に暮らしているワンちゃんのお口をペロっとめくって見てください。
歯石や汚れはついていませんか?
口臭はありませんか?
ご飯は食べづらそうにしていませんか?

当院(犬の歯医者さん)では、歯科医師と獣医師、双方の目から専門的な診察を行うことができます

何かお気づきのことなどがございましたら、お気軽にご相談ください。

ご予約/お問い合わせは0120(04)6666

PAGE
TOP