犬の口臭の原因

健康な犬の口は臭くありません!

犬の口臭は自然なものではなく、健康障害の前兆、あるいはすでに発症している病気の症状の一つであるという事を、飼い主様は知っておかなければなりません。元々、健康な犬には不快な口臭はありません。犬の口臭の原因の90%以上は、口腔内の異常であると言われています。

もし、ご自身の愛犬の口臭が強くなったと感じられた時に、まず第一にすべき事は、歯みがきでもデンタルケアのガムでも口臭防止のスプレーやサプリメントでもなく、専門医の診断を受けて口臭の原因を明らかにし、治療にあたる事なのです。具体的に主な原因としては、歯石、歯周病、歯肉炎、乳歯遺残症、虫歯、口内炎などが挙げられ、いずれも歯みがきや家庭用のデンタルケアグッズで改善されるものではなく、専門的な歯科治療を必要とする症状です。人間であれば、それらの症状を自覚した時点で歯科医院にかかり治療をする事が可能ですが、犬は自覚症状を言葉で伝える事が出来ず、飼い主様に気付いてもらえるのを待つしかありません。

歯磨きガムでは歯石は撮れません

飼い主様が「口臭が自然なもの」と考え、診断・治療が遅れてしまっては、症状は悪化していく一方です。口臭は愛犬の痛みと同じであると考え、常に口腔内のコンディションに気を配る事が大切です。そもそも、犬の口臭が軽視される原因とは一体何なのでしょうか?それは、上記で挙げたような多様化したペットケアグッズにも大きく起因していると思います。まず、犬のデンタルケアを十分に行う事を考えると、毎食後の歯みがきに加えて、定期的に歯科的な診断とスケーリングなどの専門的なケアを受ける事が不可欠です。

事実はそうであっても、「デンタルケア」「歯垢・歯石の除去」「虫歯予防」「口臭防止」と銘打たれたガム、スプレー、サプリメントなど、手軽に思えるケアグッズが店頭に並んでいれば、飼い主様の心理として、そちらを選びたくなるのは無理もない事です。

実際の所、それらのグッズが宣伝文句の通りの効果を発揮する事は決してありません。ですが、一時的ではあれ、それらの使用によって口臭が抑えられるようにも感じられるでしょう。それが大きな落とし穴であり、飼い主様にとっては「効果が出ている」という錯覚に陥ってしまうのです。

口臭が取れただけでは意味がない

実際の症状は全く改善されないままに、本来であれば口腔内異常のサインでもある口臭だけがカットされてしまうのですから、飼い主様は安心したまま、愛犬の口腔内は悪化の一途を辿るという恐ろしい図式が出来上がってしまうのです。これでは、言葉は悪いですが「飼い主様の自己満足」になってしまい兼ねません。 ペットブームがもたらした弊害的な副産物として、『ペットの過剰なファッション化』が取り上げられますが、これらのペットケアグッズの多様化や誇大広告も、弊害に一役買っている事は間違いありません。 本当の意味でのデンタルケアとは、口臭を抑える事が目的ではありません。口臭の原因を正確に捉え、治療を行わない限り、愛犬の健康を守る事は出来ないのです。

飼い主様が正しい犬のデンタルケアの知識を持つこと

OCEAN’S GROUPの運営する『犬の歯医者さん』は、皆様の愛犬の歯の治療だけではなく、犬の歯についての正しい知識を知って頂くという事にも大きな目的を置いております。 全国の愛犬家の皆様と共に、犬の歯の健康とデンタルケアについての本当に正しい常識を創り上げていく事を目指し、現在の間違った知識・常識を正す事に使命感を持って取り組んでいく事をお約束致します。

ご予約/お問い合わせは0120(04)6666

PAGE
TOP